【1-概要と目次】 東京 都内、青山の住宅地にある 貸しギャラリー。地下鉄3線でアクセスできる、都心に位置。

※ 内容は次の順番で、1~8まであります。
1.ギャラリー概要(ここ)/2.場所と展示予定/3.ご利用案内(料金・備品)
4.空き状況/5.ご利用規約/6.お申し込み方法
7.ご利用が決定した方へ/8.これまでの展示

Doorh500_2 Mon20151225_3


「サイト青山」は1999年設立。
作品展示のための貸しギャラリーとして15年以上の経営実績があります。

最寄駅は、東京メトロ3線(銀座線・半蔵門線・大江戸線)が停車する、東京都心の「青山一丁目」駅。(東京都港区南青山2-7-9)

5番出口から徒歩5分ほどの住宅地にある 貸しギャラリーです。こちらのページの地図をご覧の上、お越し下さい。

道路に面した門の間口(幅)は2メートルほど(狭いです。上写真)。

ギャラリーは、一軒家オフィスの1階で、コンパクトな2室が並んでいます。

★作品展の公開時間中は、ご自由にご覧になれます。
★それ以外は閉まっておりますので、ご注意下さい。
TOPページのURLは次です。
http://site-aoyama.air-nifty.com/

Roomaw500_2  2015h375


ギャラリーのドアを開けると、左側に、A室(床がウッド/写真左)が、その奥にB室(床がコンクリート/写真右)があります。

内部のおよその位置関係は、下のようになります。

Simplemadori154


サイト青山 03-3423-2092 メール
 site.aoyama@pc.nifty.jp

★東京 都内 都心の、格安なレンタルギャラリー、貸しギャラリー、写真ギャラリー、貸し画廊 としてご利用下さい。オリジナル作品発表に。東京都港区南青山 2-7-9。 GOOGLE PLAY 

【2】 場所と展示予定

■住所: 〒107-0062 東京都港区南青山 2-7-9 サイト青山
■最寄駅: 東京メトロ 銀座線・半蔵門線・大江戸線の、「青山一丁目」駅
 5番・3番出口から、徒歩5分

 
■電話:  03-3423-2092  メール site.aoyama@pc.nifty.jp
■下の地図をご利用下さい。ほかの、インターネット上の地図や順路は、わかりにくい道を示すことがありますので、ご注意下さい。
お車の方へ: ギャラリーの前の道路は、一方通行です。また、近所のコインパーキングは満車のことが多いですので、ご注意下さい。

Forinternet20158_2




・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年の展示

ご自由にご覧になれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■5月23日から6日2日のあいだに当ギャラリーのスペース下見をしたい方は、訪問日の前日までに電話かメールで訪問予約をして下さい。そうしませんと、ギャラリーは閉まっております。

・・・・・・・・・・・・

■6月04/05日(土日)
4日/11:00-19:00
5日/11:00-18:00
title: 写真と服の合同展示「どうせ、」
artist: asumi/itoi ito/kita/kirin/shun aihara/toshiaki ito/minto/yamashi/rym
media: 写真・ファッション
from artist:
「年齢も性別も職業もばらばらな者達が”ネガティブである”という共通点を掲げて集い、特に陰気になってしまう梅雨の時期に、写真と服の合同展示を行う運びとなった。マイナス同士を乗じるとプラスになるように、ネガティブなもの同士が掛け合わさるとポジティブなものに変換されるのだろうか。
夏を気持ちよく迎えるための戦闘録集。」

Douse_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■06月29日-07月03日(水曜~日曜)
11:00-19:00(最終日は17:00まで)
title: 蟲二病展
artist: 阿部華帆/小野有貴/葛馬七星/見城なつ子/髙瀨実穂子
media: 絵画・版画
from artist:
「中二病。ダークで痛々しいイメージを持たれるその言葉。
成人を迎えた私たちの中に残る違和感・・・、大人とは何か?
虫・生物・機械、異なったイメージ、5人それぞれの解釈をぜひご覧下さい」

Chuni

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■06月07日-06月13日(火曜~月曜)
11:00~17:00 (初日14時から/最終日16時まで)
title: 古込和孝 漆芸展
artist: 古込和孝
media: 工芸
from artist:
「漆芸の古典的技法である沈金を使い創作した作品を展示。
毎日の生活の中で使える品を中心に、コレクターズアイテムとなりうる作品もご覧に入れます」

Furukomi2016june

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★この項目(展示案内)だけを印刷するには、右下の「固定リンク」をクリックして、このページを独立させた上で、プリントして下さい。

【3】 ご利用案内 (料金など)

お申込者様自身の創作による、ノンジャンルのアート作品展示のためのギャラリーです。
ご利用内容や作品によっては、受け付けられないこともあります(例:衣服、教室展、ギャラリーの営業方針に沿わない作品、等
)。
過去にどのような展示があったかは、「8.これまでの展示」をご覧下さい。

東京都心にありながら、なかなか例をみないリーズナブルなご利用料金です。

1999年9月設立。15年以上の経営実績があります。

2室が並んでいます。「1室のみ利用」の場合は、隣室を別ジャンルの方が利用する可能性があることを、ご了承下さい。また、音(声や音楽)は大きくならないよう、強い香水・アロマ等の使用はご遠慮下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご利用の予約には、お申し込み書の提出が必要です。お申し込み書が受け付けられたら、内金の2万円を支払い(振込み可)、残金は予約日(利用日)の初日に現金でご持参下さい。
「6.お申し込み方法」の項目を参考にして下さい。

展示室の下見は作品展公開時間中にご自由にどうぞ。その際、作品サンプルや、お内金(2万円)をご持参いただけましたら、その場で予約手続きができます。

作品等の販売にあたっては、売り上げの一部をギャラリーに納める必要はありません。ただ、販売作業はご利用者側でおこなって下さい。

ご不明な点はお問い合わせを。 03-3423-2092 
site.aoyama@pc.nifty.jp


・・・・ご利用料金・・・・

<火曜~日曜を使う基本6日間コース> 搬入・搬出作業も含む
全スペース12万円/A室のみ6万円 /B室のみ6万円
<火・水・木曜の3日間コース> 搬入・搬出作業も含む
全スペース9万6千円/A室のみ4万8千円/B室のみ4万8千円
<金・土・日曜の3日間コース> 搬入・搬出作業も含む
全スペース9万6千円/A室のみ4万8千円/B室のみ4万8千円
2015年5月1日より改定。


・・・ 作品展の公開時間と入・退室時間について ・・・

●作品展の公開時間は11時~19時の間で自由に設定して下さい。
●「入室は10時半以降」、「退室は19時半までに完了」して下さい。
●初日の作品搬入展示作業、最終日の撤収作業も、上記の入・退室時間内で行なって下さい。
●従いまして、公開日時の設定と表示は、次のようにして下さい。
□月□日□曜~□月□日□曜/□時~□時 (初日は□時から/最終日は□時まで)
 宅配便での搬入・搬出は必ず事前にご相談下さい。
 作品展の公開時間を上記以外にしたい方は必ず事前にご相談下さい。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■<時間貸し>については、次の条件となります。
申し込み日より向こう1か月以内のご利用でお願いします。また、「空き状況」のページを見て、隣室でほかの展示がない日をお選び下さい。
料金/1室利用・3時間以内で7000円。その後30分きざみで1000円追加
2室利用は、以上1室分の2倍。
屋内利用に限る。ギャラリーHP及び門のところへは表示(告知)なし。申し込み時に支払いが必要。

・・・・・・・・・・・・・・・・

下の図面は、”画像”ですのでコピー(ダウンロード)できます。
ピンクの線の位置では、天井から吊り下げワイヤーが使えます。
2室の広さはあまり変わりませんが、A室には展示台がついているのが特徴。B室は、収納庫の部分が飛び出しているので変形スペースになっています。

Size2014_6_14


↓下写真/ A室の正面のボードは、土台がコルクですので、重いものは掛けられません。ピン付けは大丈夫です。
少し重いものは、★の位置から、ギャラリーにあるワイヤーを使って吊り下げて下さい。その場合、作品(フレーム)にヒモをつけてきて下さい。
Acenter

 

↓下写真/ B室の正面の鉄柵に作品を掛けるには、 作品(フレーム)の後ろにヒモをつけてきて、ギャラリーにあるS字金具を使って掛けます。
Bwindow250

 

展示用具

以下の写真の展示用具はギャラリー備品ですので、お使い下さい。カナヅチもあります。
★壁面に、粘着テープは使わないで下さい。
1/「プラスチックピン」。これを、手で壁に1~3個刺して、作品を掛けると簡単です。作品やフレームには、あらかじめヒモをつけておいて下さい。
2/天井のすみについているピクチャーレールから吊り下げるための「ワイヤーフック」。
3/「虫ピン」。タイトルやプロフィールをつけるのに便利です。
4/重い作品を壁付けするための「金属フック」。

 

Tool1234_2

 

展示台(下の写真)は無料でご利用いただけます。A室とB室では異なりますので、ご注意下さい。いずれも簡素なものです。CDプレーヤー(MP3は不可)はあります。

 

↓A室用 展示台

Abihin20159

★「8.これまでの展示」で、過去の展示例がご覧になれます。

↓B室用 展示台

Bbihin20159


★この項目(ご利用案内)だけを印刷するには、右下の「固定リンク」をクリックして、ページを独立させて下さい。

 

 

【4】 空き状況

※ ご注意

 6日間コース(火~日)の方は、お早めにご予約下さい(3日コースの方が先に予約なさいますと、そのスペースは、6日連続での利用ができなくなりますので)。
★毎日の利用時間は「10時半以降入室/19時半までに退室」です。展示作業や撤収作業、毎日の準備時間も含まれます。
★作品公開時間は、11時から19時のあいだで自由に設定して下さい。
★ 「1室利用」の場合は、隣室を別ジャンルの方が利用する可能性があることを、ご了承下さい。
★大声や大きな音楽、子供の騒ぎ、強い香水、アロマなどは、ご遠慮下さい。
★「7:お申し込み書」の提出が必要です。利用料は「3:ご利用案内」に書いてあります。
★展示室の下見(見学)は、作品展が公開されている時間に、ご自由にどうぞ。


※ 2016年の空き日(赤字の部分)。

全スペース(2室)が空いている週は、たいへん少なくなっております。

●6/3,4,5 AB室 グループ展
●6/7-6/12 漆芸展
●6/14,15,16 AB室空き

●6/17,18,19  AB室 イラスト展
●6/21-6/26 貸し出さない週です
●6/28-7/3 A室 5人展

●7/1,2,3 B室3人展
●7/5-7/10 AB室空き

●7/12-7/17 A室 三人展
●7/12-7/17 B室空き
●7/19-7/24 AB室空き

夏季休業
●8/23-8/28 A室空き

●8/23-8/28 B室、絵画2人展
●8/30-9/4 A室 イラスト2人展
●8/30-9/4 B室空き

●9/6-9/11 A室 絵画個展
●9/6-9/11 B室空き

●9/13-9/18 貸し出さない週です
●9/20-9/25 AB室 写真展
●9/27-10/2 A室 絵画・イラスト展

●9/27-10/2 B室空き

●10/4-10/9 A室 イラスト展
●10/4-10/9 B室 絵画展
●10/11-10/16 貸し出さない週です
●10/18-10/23 AB室 絵画・グラフィック展
●10/25-10/30 A室、イラスト三人展

●10/25-10/30 B室空き
●11/1,2,3 AB室空き

●11/4,5,6 AB室、版画他展
●11/8-11/13 貸し出さない週です
●11/15-11.20 A室 絵画個展

●11/15-11/20 B室空き

●11/22-11/27 A室 イラスト展
●11/22-11/27 B室空き

●11/29,30 & 12/1 AB室空き
●12/2,3,4 B室空き(展示内容による)

●12/2,3,4 A室 ペン画立体イラスト等
●12/6-12/11 AB室 ドール他展
●12/13-12/18 A室 人形展
●12/13-12/18 B室空き


冬季休業

★来年2017の空き状況は表示しておりませんので、お問い合わせ下さい。


サイト青山 03-3423-2092 メール 
site.aoyama@pc.nifty.jp

★この項目(空き状況)だけを印刷するには、右下の「固定リンク」をクリックして、ページを独立させて下さい。

【5】 ご利用規約

当ギャラリーのご利用者様は、以下への同意が必要ですので、お目通し下さい。

■お申込者自身の創作による、ノンジャンルのアート作品展示のためのギャラリーです。
ご利用内容や作品によっては受け付けられないこともあります(例:衣類、教室展、ギャラリーの営業方針に沿わない作品、等)。
■お申し込み時に、お内金のみをお支払いで、残金が生じたかたは、予約日(ご利用)初日に、残金をお支払いになってから展示作業に取りかかってください。
■作品の搬入・搬出、関連作業は予約期間に含まれます。ご利用者様側で行って下さい。
■入室から退室までが9時間以上のご利用には追加料金を頂戴します。
■ギャラリーは作品鑑賞の場ですので、次の点にご注意下さい。
※ 大声や、騒ぎをあおる言動はご遠慮下さい。とくに屋外ではお静かにお願い致します(住宅地のため)。
※ 乳幼児、就学前のお子様を連れての長時間滞在はご遠慮下さい。

■会期中は、ご利用者様がつねに会場にいなくても構いませんが、ギャラリースタッフも展示室内には常駐しません(展示室と事務所はインタホンで連絡がとれるようになっています)。展示室の管理と接客はご利用者様の自己責任で行なって下さい。
■販売作業は、ご利用者様側でおこなって下さい。
■展示室内での飲食は、”飲み物”をメインとして下さい。時間を限定したパーティータイムでしたら、食べ物をいろいろ出しても結構です。
■食事(お弁当など)と喫煙は、屋外のベンチか、外食でお願いします。
■強い香水、お香、アロマオイル、ハーブなどの”香り”の使用はご遠慮ください。(香りが展示室に残ります)
■貸しギャラリーは、スペース貸しが主業務ですので、DM制作および作品展のPRは、ご利用者様側でおこなってください。なお、通行人はめったにギャラリーに入りません。一般的にそうですが、一応記しておきます。
■当ギャラリー側でおこなうPR作業は次です。
※ギャラリー内への、作品展DMの事前設置(完成したら、50~100部ほどご送付下さい)
※ギャラリーの門のところに、作品展看板の設置
■ギャラリーWEBサイト上での告知。
■隣室で別の方の展示がある場合は、次の点にご注意下さい。 
※ご自分の展示室のBGMの音は、隣室にほとんど聞こえない音量にして下さい。
※刺激臭のある塗料でのライブペインティングはご遠慮ください。
※強い香り(お香、アロマ、香水など)はご遠慮下さい。
※廊下や屋外といった共用スペースに、自分の物を置かないで下さい(例:花や荷物など)。共同使用のキッチンは、A室・B室ご利用者様のお互いが気落ちよく利用できるよう使ってください。
■電柱や公道上で、作品展や道順の案内表示をしないで下さい。屋外表示は法律で規制されています。
■壁面に”粘着性のもの(粘着テープなど)”を貼らないでください。
壁がベタベタしてきますし、テープをはがしたあと、壁にスジが残ります。
■暴力、残虐(グロ)、自殺美化、猥褻、事件・事故現場写真の展示はご遠慮ください。(アートというより、目立つことが目的になっていることが多いため)
■自然災害、盗難、偶発的な出来事で、ご利用者様の所有物が損害を受けた場合、ギャラリー側ではその責任を負いません。作品は、地震で壊れないように設置して下さい。
■当ギャラリーの壁面や備品を意図的に壊したときは修理実費をご請求します。
スポットライトが落ちてしまった・点灯しない、備品のCDプレーヤーが作動しない、
などは、問題ありません。普通にあることですので、お知らせ頂ければ対処します。
■予約後の、ご利用キャンセル料金は次の通りです。
ご利用日3か月(90日)前までのお申し出は、利用料金全体の半額です(お支払い済みの内金も当てられます)。
それ以降のお申し出は、全額(利用料金全部)です。そこで、ギャラリーから、不足分をご請求します。
■利用日を延期なさる方は、延期のお申し出日から向こう1年以内の新しい日程を決めた上、残金をお支払い頂くことで、延期できます。
その後の再度延期(2回目の延期)はできませんし、ご返金もいたしません。
■申し込み書に記載した内容と実際の利用内容が大きく異なる場合は、利用中であっても、スペース利用を中止していただきます。利用料金は返金いたしません。例:作品展として申し込んだのに、飲食パーティー、出会い系イベントである、など。
■ご利用中に、暴力または強度に病的な言動があった場合は、加害者の人権を守るより、周囲の人間を守ることを優先した対処をします。
■以上の内容に関してギャラリー側がご注意したにもかかわらず改まらない場合は、ご利用中であっても利用をお断りし、返金はいたしません。

以上、どこのギャラリーにも共通するような内容です。特に堅苦しいということはありません。
朝、ご利用者様が遅刻しても、ギャラリー側で展示を公開しておきます。とつぜんの早退や欠席も可です。当日でもお知らせ下さい。
展示室は1階ですので、地震の際は、即、屋外に出られます。

サイト青山 03-3423-2092 site.aoyama@pc.nifty.jp

★この項目(規約)だけを印刷するには、右下の「固定リンク」をクリックして、ページを独立させて下さい。

【6】 お申し込み書(方法)

当、「サイト青山」の利用を予約するには、”来場”と”メール申し込み”の、2通りがあります。

ご利用内容や作品によっては、受け付けられないこともあります(例:衣服の展示、教室展、ギャラリーの営業方針に沿わない作品、等/2015年10月申し込みから適用)

●来場での申し込みは・・・(予約不要です)●
作品展を公開している時間内」にお越しになって、展示スペースを自由に下見してから、インタホンでギャラリースタッフを呼び、ご自分が展示する作品のサンプルをお見せになり、面談の上、お申し込み書にご記入下さい。その場で、お内金2万円または全額をお支払いいただきますと、ご予約が成立します。のちほどの振込みも可。
お越しの際は、この私共のページにのっている地図を参考にして下さい。ほかの順路案内では、全く違う道を示すことがあります!
●メールでの申し込みは・・・●
下のお申し込み書(文章)をコピーして、ご自分のメール作成画面に貼り付け、その内容を完成させて、展示作品のサンプル画像と一緒に送信して下さい。ギャラリーから「受け付けました」という返信を受けてから1週間以内に、お内金の2万円または全額をお振込み下さい。

お申し込み書の内容を受け付けたというギャラリーからの返信があったのち、お内金2万円をお支払い(振込み可)になってご予約が成立した方は、ご利用日の初日に”残金”を現金でご持参下さい。クレジットカードは使えません。

サイト青山 連絡先 site.aoyama@pc.nifty.jp 電話 03-3423-2092

・・・以下<申込書>です・・・

私は、サイト青山の利用規約に同意の上、下の通り利用を申し込みます 

■申し込み日・・・西暦      年     月     日

■ご利用コース(搬入・搬出作業も含まれます)と料金をお選び下さい。(不用な部分を削除して下さい)

○ <火曜~日曜までの6日間コース>で、全室(2室)→12万円
○ <火曜~日曜までの6日間コース>で、一室(  室希望)→6万円
○ <火・水・木曜日の3日間コース>で、全室(2室)→9万6千円
○ <火・水・木曜日の3日間コース>で、一室(  室希望)→4万8千円
○ <金・土・日曜日の3日間コース>で、全室(2室)→9万6千円
○ <金・土・日曜日の3日間コース>で、一室(  室希望)→4万8千円

■ご予約期間を記入して下さい(搬入出など各種作業も含まれます)

西暦    年   月   日/  曜日~  月  日/  曜日

■(作品展の場合は) 約何名のかたの作品ですか?→   名 (後日変更可)

■ご利用内容をご説明下さい(どういう作品を展示/販売したいか。どういう動機があるか、など)。 この項目が説明不足な場合は、受け付けられないことがあります。
 当ギャラリーは、ご利用者自身の創作による作品展示(販売可)のためのギャラリーです。ご利用内容によっては受け付けられないことがあります(例:衣類、教室展、ギャラリーの営業方針に沿わない作品、等)

■展示作品(利用内容)の傾向をあらわすサンプル画像を添付するか、ネット上で見られるURLをご記入ください。

■お申込者様氏名(代表)を、郵便が届くお名前でご記入下さい。:                     
(展示の際にハンドル名を使用するのは自由です)

■氏名のふりがな:

■ご住所(後日、予約書類をお送りしますので) 

〒      
住所                

■電話番号(基本的にはメール連絡が主です)

■作品展の公開時間と入・退室時間・その他の確認(記入不用)

●作品展の公開時間は11時~19時の間で自由に設定して下さい。
●「入室は10時半以降」、「退室は19時半までに完了」して下さい。
●初日の作品搬入展示作業、最終日の撤収作業も、上記の入・退室時間内で行なって下さい。
●従いまして、公開日時の設定と表示は、次のようにして下さい。
□月□日□曜~□月□日□曜/□時~□時 (初日は□時から/最終日は□時まで)
※ 宅配便での搬入・搬出は必ず事前にご相談下さい。
※ 作品展の公開時間を上記以外にしたい方は必ず事前にご相談下さい
●周囲は住宅地ですので、屋外ではお静かにお願い致します。

以上

★パソコンでこの項目(申込書)だけを印刷するには、右下の「固定リンク」をクリックして、このページを独立させた上で印刷して下さい。

【7】 ご利用が決定した方へ

■2種類の地図をご用意しています。

地図を描き直しても結構ですが、簡略化したり表示の位置がわずか違っただけで、道に迷う人が増えますので、十分ご注意下さい。

★↓印刷用には、
下の地図をクリックして拡大した上、拡大された地図をマウスの右クリックで、デスクトップにコピーして下さい。

Forprint20158_2



インターネット用には、下の地図画像をコピーしてお使い下さい。原寸です。(なお印刷に適した画質ではありません)

Forinternet20158_3



マークや、表示テキスト


↓クリックで拡大
Logo456

↓マークのみ クリック拡大
Siteaoyamamark_2

●サイト青山 の書体は、ARP宋朝体Mを使っていますが、似たもので結構です。

●表示用テキスト

会場 サイト青山
107-0062 東京都港区南青山 2-7-9
電話 03-3423-2092
東京メトロ銀座線・半蔵門線・大江戸線 「青山一丁目」駅 5番&3番出口 徒歩5分


作品の公開時間について。

予約中のご利用時間の基本は、「10時半以降入室、19時半前に退室」です。
それ以上のご利用は延長料金の課金対象になります。
つまり、10時半から19時半のあいだに、作品の搬入作業や搬出(片付け・撤収)作業をすべてすることになります。
従って、予約日の初日は作業だけに当てるか、または公開時間を遅らせる(午後に)ということになります。また、最終日は、早く公開終了して片付けることになります。
いちばん多いのは、次の公開時間です。

★公表する公開時間/11~19時(初日14時から/最終日17時まで)

(関係者が利用できる時間は、10時半から19時半以内です)

駐車場について

当ギャラリー専用の駐車場はありません。近所には何箇所かコインパーキングがありますが、満車状態のことが多いです。申し訳ありません
ギャラリーの前の道路は一方通行ですので、一時的に止めて荷物などを降ろしたら、すぐ移動なさいますようおすすめします。

■宅配便での作品搬入について

ギャラリー側で受け取って保管できる日時が限られますので、事前に電話でご相談下さい。なお、最終日に宅配便でお荷物を発送することもできます。この場合、夕方18時には梱包完了して下さい。

★この項目(予約が決定した方へ)だけを印刷するには、右下の「固定リンク」をクリックして、ページを独立させて下さい。

【8】 これまでの展示

当ギャラリーは営業年数が長いため、この下で紹介している以外にも、アート系サイトで有名な Tokyo Art Beat に、過去の展示が多数紹介されています↓。

http://www.tokyoartbeat.com/archive/venue/594713EE

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、2015年に終了した展示

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 作品画像がギャラリーに提供された展示、展示中にギャラリー側が撮影する機会があった展示、物販メインでない展示などを選んで、以下にご紹介しています。


■↓11月/M.Yoshioka アッサンブラージュ展

Pastyoshioka Pastyoshiokatenji


■↓11月/Gotoh,Yamanaka,Honda 三人展

Pastgenkai2015_2  Pastgenkai2015_5


■↓11月/Y.kato & N.Yoshimura 絵画展

Nature500 Naturepast


■↓11月/H.Suzuki 絵画展

Suzuki2015130 Suzukipast2015

■↓11月/kawakami,kinami,sugimoto展

Kawakami250


■↓10月/sawada,ebina,kawasaki,kiki,sasada イラスト展

Marumaru600 Marumarupast


■↓9月/現代美術家 ShibataJune/ジュエリー&絵画展

Shitabaimage

Shibata400


■↓8月/A.Anai&M.Saito ガラスアート展

Anai500_2


■↓7月/K.Sugita 絵画展

Sugitapast Sugitatenji



■↓6月/Likei 絵画展

Rikei170 Rikeitenji_2



■↓6月/j.yang, c.yamane, m.hara 写真展

876170 879past


■↓5月/MazKne電脳光画 主催 ペンスケッチ展 11

Pen111 Pen112_2



■↓4月/H.Yamamoto写真展

Otome700 Haruka500_2



■↓4月/Y.Kubo装丁集

Kubo2015400 Kubo2015

■↓3月/Le Kuroe ArchiArt Studio主催 ”悪の建築展”

Kenchiku600
ZOOM
Kenchiku1





■↓3月/大宮光陵高校美術科卒業生によるグループ展

Meat



■↓2月/N.Murata写真展

Murata350


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下、2014年に終了した展示
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※ ギャラリー側が展示風景を撮影した(できた)作品展を、以下にご紹介しています。

■↓10月/A.Goto,A.Yamanaka,S.Honda 作品展

Genkai2014350  

Genkai250


↓9月/K.Furukomi 漆芸展

刃物で文様を彫り、そこに金箔、金粉を押し込む”毛彫り”という、一子相伝の技法を駆使した作品。

Shikkiten250 Shikki250



■↓4月/Y.Kubo グラフィック展

Kubo200 Kubo250




■↓3月/薈田純一 写真展 「書棚」

Waidapast

撮影空間の精密な測量と、棚ごとに撮影した写真を再構成する独自の手法で、『書棚』をリアルに再現する写真家、薈田純一の作品展。
本を愛する人々の『書棚』を通じて、本の持ち主を、あたかもポートレイトのように浮かび上がらせます/主催: Project279

被写体となった「書棚」:
「江戸川乱歩の書棚」 「安部公房の書棚」 「立花隆の書棚」
「松岡正剛による<松丸本舗>の書棚」
「リービ英雄の書棚」「温 又柔(おん・ゆうじゅう)の書棚」
「李 良枝(い・やんじ)の書棚」

Waidatenjia1300

Waidatenjib1300_2

展示風景撮影: 鈴木久美子


■↓3月/写真展 On! Photo Exhibition 1

On1pastOn1tenji



 ■↓1月/今井一詞 写真展/離島の本屋

弓削島 はなぶさ書房
Hanabusa300

周防大島 鶴田書店
Tsuruta300

今回の展示作品(写真)の多くは、単行本「離島の本屋」(出版社:ころから)に収録されています。
Ritoubook


 ■↓1月/Y.Tomotoshi 写真展

Tomotoshi1


Tomotoshi2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

seriu

 

«【7】 ご利用が決定した方へ